新人からベテランナースまで、それぞれの処世術とは

ナースのための処世術とは

ナースのための処世術とは

看護師にとって、良好な人間関係を築くことは仕事をスムーズに進めるために必要なことです。上司や先輩看護師、一緒に働くスタッフだけでなく、患者さんとも、円滑なコミュニケーションを取らなければいけません。これは看護師の仕事の一つでもあり、今後も社会人として働いていくうえで、大切なことなのです。ここでは、そんな看護師のための「処世術」をご紹介したいと思います。人間関係が苦手という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

【新人編】自分は「新参者」だと認めること

桜舞う4月。新しい季節に心が弾み、新社会人たちは希望に溢れていることでしょう。厳しい就職活動を乗り越え、晴れて新人看護師としての一歩を踏み出すことに緊張していることと思います。早く仕事を覚えて一人前の看護師になりたいと焦っている人も少なくないでしょう。もちろん早く仕事を覚えることも大切ですが、新しい職場の環境に慣れることも大切なことです。周囲の人たちと良好な人間関係を築くことで楽しい社会人生活を目指しましょう。

【新人編】自分は「新参者」だと認めることの続きを読む

【新人編】自分は「新参者」だと認めること

【中堅編】言葉に出さない評価と期待を感じ取る

あなたは先輩や上司に対して、日々感じている不満や疑問などありませんか?「どうしてこんなことを言うのだろう?」とか「どうしてそういうことをするのだろう?」とか。直接、先輩や上司に確認したいと思っても「こんなことを聞いたら怒られるかも」「悪印象を与えてしまったらどうしよう」とモヤモヤしたままにしていませんか?そこで、言葉に出すことのない先輩や上司の気持ちを考えてみたいと思います。あなたの先輩や上司が、あなたのことをどんな風に思っているのか、感じ取ってみましょう。

【中堅編】言葉に出さない評価と期待を感じ取るの続きを読む

【中堅編】言葉に出さない評価と期待を感じ取る

【ベテラン編】理不尽な人との付き合い方

看護師をしていると、さまざまな人と出会います。先輩や上司、部下だけでなく、患者さんもコミュニケーションの必要な大切な人間関係です。しかし、誰もが自分と同じような考え方を持っていて、気持ちが通じ合うといったことはありません。許せない人や理解できない人など…、理不尽だと思う人から苦しめられることも少なくないでしょう。そんな人間関係の苦しみから抜け出す方法をご紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてくださいね。

【ベテラン編】理不尽な人との付き合い方の続きを読む

【ベテラン編】理不尽な人との付き合い方

【転職後編】周りとのコミュニケーションの取り方

さまざまな理由で転職をする人がいますが、転職後の共通した悩みの一つに「新しい職場でのコミュニケーション」があるようです。看護師の場合、病院によってや配属された科によって、やらなければいけない仕事の内容は異なります。どんなにキャリアがあったとしても、新しい職場では新人看護師のようなものです。何を話して、何をすればいいのかと初めのうちは戸惑うばかりでしょう。そこで「転職先でのコミュニケーションの取り方」をご紹介したいと思います。

【転職後編】周りとのコミュニケーションの取り方の続きを読む

【転職後編】周りとのコミュニケーションの取り方

こちらもおすすめ!

冷静になって原因を叱る!
冷静になって原因を叱る!

あなたは部下や後輩が失敗をしたときに、思わず「カーッ!」と頭に血がのぼった状態で、激しく叱責してはいませんか?もし少しでも心当たりがあるなら、この叱責方法は、あまり効果的とは言えません。こんなときは、まずあなたが冷静になることが大切なのです。

阿川佐和子さんから学ぶ「聞く力」
阿川佐和子さんから学ぶ「聞く力」

最近の人は、他人とコミュニケーションを取ることが苦手だと言う人が多いようです。そんな人にオススメなのが、阿川佐和子さんの著書『聞く力-心をひらく35のヒント』です。あなたも「聞き上手」になって、コミュニケーション能力を高めましょう!

【転職後編】周りとのコミュニケーションの取り方
【転職後編】周りとのコミュニケーションの取り方

転職をすると、新しい職場に馴染めるだろうかと、心配になりますよね。こんなときは、どんなにキャリアがあったとしても、謙虚でいることが大切です。新人看護師になった気持ちで、新しい職場の上司や先輩看護師の言うことを素直に聞くようにしましょう。