後輩ナースを褒めて伸ばす処世術

褒め倒す!

褒め倒す!

部下をどう伸ばしていくか

管理職になったときに部下との関係で悩むこともあるかもしれませんが、部下とのコミュニケーションを良好にして、仕事を円滑にすすめることが管理職の基本的な目標ですから、部下のモチベーションをアップさせられるように仕向けていきましょう。
自分が新人だった頃や上司から話しかけられたときのことを思い出してみてください。叱られて身についたこともあるかもしれませんが、褒められて伸びてきた部分のほうが多いはずです。そのことを踏まえて、部下を上手に褒めるようにしましょう。部下のやる気のでる褒め方をいくつかご紹介していきます。

部下のやる気がでる褒め方

・褒めるときは、すぐに褒めるようにしましょう
部下を褒めるときは、すぐにその場で褒めてあげるようにしましょう。周囲に他の看護師がいても、患者さんがいても、その人が素晴らしい役割をしたときはそう思った瞬間に褒めてあげることが大切です。後で誰もいないところで褒めるよりは、その場で褒めてあげることによって相手に響く褒め方ができるからです。「後でゆっくり」と考えていたら、うっかり忘れてしまうこともありますので注意しましょう。
・同じことであったとしても、何度でも褒めてあげましょう
「前に褒めたから分かっているだろう」と何度も褒めることをしない人がいます。たとえ同じことであったとしても、良いことをしたときには何度でも褒めてあげるようにしましょう。言葉にすることで部下にちゃんと伝わりますし、上司から認めて貰えていると感じることができます。また、何度も同じことで褒められることで「自分の才能」に気付くこともあります。
・その部下の過去と比較して褒めましょう
つい「あなたは他の看護師と違って、気が利くし、仕事の手際も良くて、とても優秀ね」と他の人と比較して褒めてしまいがちですが、これは部下に不信感を与える結果になってしまうのでやめておきましょう。部下を褒めるときは「以前よりも、仕事の手際がよくなったわね」といったようにその人の「過去の自分」と比較して、成長していることを褒めてあげましょう。

それぞれの部下をそれぞれに褒める

・目立たない部下に注目して、褒めてあげましょう
仕事ができて、誰からも評価をされている人はわざわざ褒める必要はありません。上司として褒めるべき部下は自己主張が苦手な目立たない仕事をしている人です。こういった人は指示されたことを素直にコツコツとする努力型です。そのような部下を褒めると「上司は私をちゃんと評価してくれている」と信頼を得ることができ、職場の雰囲気も良くなるでしょう。
・ひとりづつ、別の言い方で褒めるようにしましょう
褒め方として「いいね」「すごいね」などと抽象的な褒め方はしていませんか?部下を褒めるときは日頃からひとりひとりをよく観察して、その人のいいところを「具体的」に褒めてあげましょう。そうすることで部下は褒められた部分に対して、自信ややる気がアップすることでしょう。

Category : 部下の仕事の生産性を上げるには?

こちらもおすすめ!

冷静になって原因を叱る!
冷静になって原因を叱る!

あなたは部下や後輩が失敗をしたときに、思わず「カーッ!」と頭に血がのぼった状態で、激しく叱責してはいませんか?もし少しでも心当たりがあるなら、この叱責方法は、あまり効果的とは言えません。こんなときは、まずあなたが冷静になることが大切なのです。

阿川佐和子さんから学ぶ「聞く力」
阿川佐和子さんから学ぶ「聞く力」

最近の人は、他人とコミュニケーションを取ることが苦手だと言う人が多いようです。そんな人にオススメなのが、阿川佐和子さんの著書『聞く力-心をひらく35のヒント』です。あなたも「聞き上手」になって、コミュニケーション能力を高めましょう!

【転職後編】周りとのコミュニケーションの取り方
【転職後編】周りとのコミュニケーションの取り方

転職をすると、新しい職場に馴染めるだろうかと、心配になりますよね。こんなときは、どんなにキャリアがあったとしても、謙虚でいることが大切です。新人看護師になった気持ちで、新しい職場の上司や先輩看護師の言うことを素直に聞くようにしましょう。