処世術のひとつ、セルフマインドコントロール術

セルフマインドコントロール術を習得

セルフマインドコントロール術を習得

セルフマインドコントロール術を身につけよう

どうしても日常生活が上手くいかず、ネガティブな思考に陥ってしまうことがあります。そんなときのために「セルフマインドコントロール術」を習得しておきましょう。
セルフマインドコントロールといっても、特別に難しいことではありません。心の余裕がなくなりかけているときに以下の方法を一つでも思い出して実行してください。自分を客観的に見て、自分を窮地から救い出すきっかけがつかめるはずです。

自分が逃げ込める場所を作ろう

精神的に辛いときや不安で仕方がないとき、怒りが収まらないときなど、「いつでも逃げ込める場所」を作っておきましょう。例えば、お気に入りの動画や音楽など気持ちをポジティブにしてくれるものや心を落ち着かせくれるものをiPodやスマホなどに入れて持ち歩きましょう。ネガティブな思考になったとき、すぐに逃げ込めるように準備しておくのです。
そういったものを持ち歩けない場合などは「想像の中に逃げ込める場所」を作るといいでしょう。例えば、目を閉じて想像してみましょう。自分だけが行くことのできる穏やかな海や小鳥のさえずりが聞こえるような新緑、川のせせらぎ、広大な風景の中など、自分にとって居心地の良い場所を作っておき、心が辛くなったら、いつでも目を閉じてその場所に逃げ込むのです。こうすることによって、ネガティブな気持ちは急速に落ち着くでしょう。

友人に相談してみよう

ネガティブな気持ちになったとき、つい一人で抱え込み、落ち込んでしまうことが少なくありません。こんなときこそ友人に連絡を取り、相談に乗ってもらいましょう。一緒にご飯を食べるだけでも構いませんし、お互いの悩みを打ち明け合ったりするのもいいでしょう。そうすることで、自分だけが辛いのではないと気付くことができます。また、多くの友人と会うことによって、ポジティブな気持ちやアドバイスを貰うことができるでしょう。

関連書籍を読もう

自分が悩んでいることに関する本を読むのもいいでしょう。最近は、さまざまな自己啓発本や指南書などが書店に並んでいます。そんな中から、自分の問題に答えてくれそうな本を手当たり次第に読んでみましょう。共感のできる著書に出会えたら、自然と気持ちも落ち着いてくることと思われます。
それでも解決が難しそうなときは、困ったときの神頼みです。特定の宗教でなくてもかまいませんので、自分が信じているもの、信じられるものに祈りましょう。祈りには心を安定させてくれる効果があります。辛くてどうしようもないときは「万能の神様」に祈ることで心の安定を図りましょう。

Category : 自分自身を高める

こちらもおすすめ!

冷静になって原因を叱る!
冷静になって原因を叱る!

あなたは部下や後輩が失敗をしたときに、思わず「カーッ!」と頭に血がのぼった状態で、激しく叱責してはいませんか?もし少しでも心当たりがあるなら、この叱責方法は、あまり効果的とは言えません。こんなときは、まずあなたが冷静になることが大切なのです。

阿川佐和子さんから学ぶ「聞く力」
阿川佐和子さんから学ぶ「聞く力」

最近の人は、他人とコミュニケーションを取ることが苦手だと言う人が多いようです。そんな人にオススメなのが、阿川佐和子さんの著書『聞く力-心をひらく35のヒント』です。あなたも「聞き上手」になって、コミュニケーション能力を高めましょう!

【転職後編】周りとのコミュニケーションの取り方
【転職後編】周りとのコミュニケーションの取り方

転職をすると、新しい職場に馴染めるだろうかと、心配になりますよね。こんなときは、どんなにキャリアがあったとしても、謙虚でいることが大切です。新人看護師になった気持ちで、新しい職場の上司や先輩看護師の言うことを素直に聞くようにしましょう。